インプラント

インプラント
for english

インプラントとは

インプラントとは

『インプラント』は、虫歯や歯周病などで歯を失ったとき、歯のない部分の顎の骨に『インプラント』という人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療方法です。
インプラントは、チタンという人体になじみやすい金属でできているため、顎の骨とくっつき、しっかりと固定されます。ずれたり外れたりすることがないので、硬い食べ物でも自分の歯のように力を入れて思いきり噛むことができます。
また、人工歯はセラミックという白い陶材でできているため、自然な質感や色調を再現でき、自分の歯のような仕上がりになります。
インプラントは機能性と審美性に優れているため、最近では、義歯やブリッジではなくインプラントで治療される方が増えています。

インプラントのメリット
─義歯・ブリッジとの違い─ 

インプラントのメリット

インプラントには、義歯やブリッジとは異なる以下のようなメリットがあります。

外れない

『義歯』は取りはずしできますが、ぐらついたり外れたりすることがあり、力を入れて噛めませんでした。
インプラントなら、顎の骨に人工歯根がしっかりと固定されているので、力を入れて食べ物を噛むことができます。

歯を削らずにすむ

『ブリッジ』は、失った歯の両側の歯を削り、そこを支えにして歯の内部分に人工歯を渡す治療方法です。
インプラントなら、失った部分だけインプラントを埋め込めるので、両側の歯を削る必要がありません。

噛む力に対する負担が少ない

義歯やブリッジで治療すると、噛む力を分散できず、残っている歯だけに力がかかって負担になっていました。
インプラントなら、歯が本来の数と同じになるので力が分散してバランス良くかかり、負担が少なくなります。

インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラントは、一般的に以下のような流れで行ないます。

1. カウンセリング

患者さまのお悩みやご希望などをお聞きし、治療の内容・期間・費用など、インプラントの概要をご説明します。
このカウンセリングをもとに、治療を受けるかどうかご検討ください。

2. 検査、診断、治療計画の立案

口周りの状態を把握するために口腔内写真撮影、レントゲン撮影、噛み合わせの検査、顎の骨の検査などを行ない、検査結果から総合的に診断して治療計画を立てます。
検査の結果によってはインプラントが適さないこともあるので、そのような場合はほかの治療をご提案させていただきます。

3. インプラントの埋入手術

歯肉を切開して顎の骨に穴をあけ、インプラントを埋め込みます。
埋め込んだ後、インプラントの頭部を歯肉から出たままにする『一回法』と、インプラントの頭部まで歯肉で覆う『二回法』があるので、症状に合わせて選びます。

4. 治癒期間

顎の骨の状態によって異なりますが、インプラントと骨が固定されるまで約2~6ヵ月待ちます。
その期間中は仮歯を入れることができ、歯がないという状態にはならないのでご安心ください。

5. アバットメントの装着(二回法のみ)

二回法を行なった場合、再び歯肉を切開してインプラントの頭部を出し、そこにインプラントと人工歯を連結する『アバットメント』という部品を装着します。

6. 人工歯の作製・装着

仮歯を装着して、装着感や審美性に違和感がないよう細部を調整し、人工歯をつくって装着します。
その後、インプラント埋入後のケアや定期検診などについてご説明します。

7.定期検診

3~6ヵ月に一度、定期検診を受けていただきます。
日ごろからの正しいケアと同時に、継続的に定期検診を受けていただき、インプラント周囲炎(歯周病のような病気)の有無、歯並びや噛み合わせ、顎の異常、人工歯の緩み、適切な歯磨きができているかなどの確認を行ないます。
口の健康を守り、インプラントを長期間安心して使えるよう、歯科医師の指示に従い、必ず定期検診を受けましょう。